日々をうたう

chietic.exblog.jp

<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

e0200516_9493440.jpg

桜の季節が終わる前に、もうひとつ書き留めておきたい歌、「桜」。
この辺りの桜はすでに散ってしまったので少しタイムラグがあるけど、
いまは上より下を見て歩くと散った花びらの薄紅色がきれい。

桜…大好きな花。
強く優しく美しく、ふわーっと幸せを感じさせてくれる花。
写真の桜は近所にある、お寺に続く参道の桜です。
背の低い木が両側から折り重なるように立っていて、まさに桜のトンネル!


「桜」

春の匂いがいちばん好き まだ風が冷たい頃
何百回も通ったあの桜並木 思い返すように何度も見上げる
洗剤を買いに出かける 真新しいカギを持って
「がちゃん」と閉めた音が静かな廊下に 響いた気がして一人焦ってみたり

風が冷たいから 鼻の奥がつんとした
髪を切って 部屋を借りて 泣きたい夜を超えて
それでも気づくとまた 桜の木の下に立ってる

目をうばうほどの景色 今年も桜は変わらず咲くから
何もかも包み込むように 花びら舞い散る 白く濡れてゆく


いつか街で会ったなら その時は凛としていたい 
約束を交わしたわけじゃないけど きっと乗り越えなきゃいけない壁

何も語らず どっしりと根を張って生きてる
今まで どれだけのものをみてきたの
長い冬を越えてまた うすべにの花を咲かせる

目をうばうほどの景色 今年も桜は変わらず咲くから
咲き誇る清く優しく 言葉はいらない ただそのままで

見渡す限り うすべにの桜の道
息を吸って 顔を上げて 笑って歩いていこう
どこへ向かうのかはまだわからない わからないけど


目をうばうほどの景色 今年も桜は変わらず咲くから
何もかも包み込むように 花びら舞い散る 白く濡れてゆく
桜が舞い散る 今目の前に

[PR]
by chietic | 2012-04-16 09:49 |

遠くへ ~長野マラソン~

明日、4月15日は「長野マラソン」。
私はこのマラソン大会のNHKイメージソング「遠くへ」を歌わせていただいてます。

制作当時、高3だった私にとってマラソンのテーマソングを作るなんてとても難しかった。
ただ、市民ランナーの出場するマラソン大会ということで、
普段忙しく仕事をしている方が、自分自身のゴールを目指して走る姿…を
高校生なりにイメージして描いたのを覚えています。

その後、何度かランナーの方を前に歌わせていただく機会があり、
ランナーの方ひとりひとりに、マラソンに対しての熱い想いがあることを目の当たりにしました。
マラソンは孤独との戦い、なんて言うけれど本当にそうだと思うし、
走り切るための想いがランナーの方をレースに駆り立てるのかな、と思ったりしました。

そして、あくまでもイメージ、でふわふわしていた「遠くへ」の歌詞は
私自身が年を重ねるにつれ、しっくりくるように(笑)。
好きなことを追い求めていくこと、その熱い気持ちを忘れない大人でいたいものです。


今朝の長野の友人からのメール、「長野はまだ梅も咲いてないよー」とのこと。
やっぱり今年は寒いんだなあ。
明日は春らしい陽気になるそうなので、お天気に恵まれて本当に良かった。
出場される皆さん、それぞれのゴールを目指して頑張ってください!!


「遠くへ」

やわらかい春の陽射しを背中に受けて
何度も深呼吸して 気持ちを落ち着ける

私たちが目指すゴールは ひとつだけじゃない
自分を信じることで 強くなれるはず

遠くへ もっと遠くへ
風を感じて 走りたい
あの頃 描いた夢を
私はこの手で つかむから


川沿いずっと続く道 息が苦しくて
沿道の流れる声が勇気に変わる

私たちが走ることに 理由なんてなくていい
体中かけめぐってく 忘れてた熱さ

遠くへ もっと遠くへ
今を感じて 走りたい
あなたが くれた言葉を
心のどこかで 思い出す

遠くへ もっと遠くへ
風を感じて 走りたい
あの頃 描いた夢を
私はこの手で つかむから

[PR]
by chietic | 2012-04-14 16:57 |