日々をうたう

chietic.exblog.jp

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

子育ての道

e0200516_1248528.jpg

実家に帰って一週間、ゆっくりゆっくり自分をリセットできた。
帰る場所があるというのは何てありがたいんだろうと思う。

二人目を育ててる友達や小学生を育ててる友達、仕事しながら子育てしてる従姉妹と会ったりした。
そして両親に子供とたくさん遊んでもらったり、いろんな話をした。

情けないけれど、慣れない育児の毎日になんだか心がぼろぼろになっていたみたい。
あたりまえだけど、育児ってそんなにたやすいものじゃないんだなー。

毎日が思い通りに進まないこと、頑張ってるつもりなのに何も生み出してないことへの焦り、自分の能力や将来の不安、そんなモヤモヤを消化できないストレス。
自分自身のコントロールもできなくなって、足元がぐらぐら揺れて、何がなんだかわからなくなってしまっていたみたい。

子供はかわいい。
でも、かわいいだけじゃなくて乗りこえなきゃいけないこともたくさん。
大変だけど、迷ったり悩んだりして当然だし、それでいいんだと思えた。

まだまだ道の途中。子育てははじまったばかり。
華やかさも順位もないけどささやかな輝きがある。
焦らずに一歩ずつ進めばいいんだと今は思う。


今日の長野は朝から雪。
きのうはぽかぽか春の陽気だったけど、そう簡単に春にはならないもの。

焦らずに、一歩ずつ。
力をぬく時間とたくさんの刺激をもらって、明日の新幹線で横浜に帰ります。
[PR]
by chietic | 2012-03-28 12:48 | 日々

春の気配と里帰り

今年の冬は長かった。
待ち望んだ春がやっとやってきました!

日に日にわんぱくになっていく息子と毎日家にこもりっきりで、
ここにきてまさかの乳腺炎にかかったりとかもあり…、私はちょっと疲れ気味。

心も身体もすっきりしたくなって、いまから実家に里帰りです。
今日から春の陽気、なんて言っているこのタイミングで(笑)

東京駅はいろんな場所へ向かう人で思いのほか混んでいて、
どことなく春独特のそわそわ感を覚えます。


私はどこへ向かってるのかな。
帰っても、いいよね。


実家を出て13年目の春、新しい季節を元気に迎えるためにちょっと力を抜いてきまーす。
[PR]
by chietic | 2012-03-22 13:40 | 日々

震災から一年

3月11日を前にして、テレビでは色々な特集が組まれています。
様々な調査結果が公表されたり、迫り来る津波の映像が何度も何度も流れたりして、胸をしめつけられるような、いたたまれない気持ちになります。

あれから一年。
あっというまだった、と私は思うけれど、被災地の方にとってはどんなに長く、辛い一年だったんだろう、と考えずにはいられない。

そして出産、育児を経験するなかで、被災地のお母さん達、どんなにか大変だっただろう、とも思う。


復興に向けた明るいニュースも数多くあるなかで、仮設住宅で孤独死した方がいたり、震災がきっかけで家族がバラバラになり離婚することになった方、原発の付近から避難している子どもがいじめにあったということ、未だ遺体の捜索が続いていてその多くがDNA鑑定によって身元が判明をするということ、、、。

あげたらきりがないけれど現実はたくさんの困難があり、あらためて震災の恐ろしさ、その爪痕の大きさを感じる日々です。

というか、無惨な現状を目の当たりにするたび、このどうしようもない胸の痛みはしばらく忘れてしまっていた、と思うのです。

こう書いてみても、だから何だということもさっぱり書けないのだけれど、
さっきNHKで「大切なのは現実を凝視すること」だとやっていた。
そして「東日本大震災を言葉にすること、そうすることで震災前と同じではいられなくなる」とも。

あまりに大きすぎる震災の恐怖から目を背けたくなるけれど、正確な情報を知ること、そして震災の恐ろしさ、被災地の悲しみを忘れずに日々過ごすことが大切なんじゃないかと思います。

3月11日、日本中の人が目を瞑って心からの祈りを捧げると思います。
これから先、戦争のようにずっとずっと語りついでいかなければならない大きな震災、たやすく言葉にはできないけれど、勇気を持って過ごしていかなければ、と思います。
[PR]
by chietic | 2012-03-09 22:44 | 日々