日々をうたう

chietic.exblog.jp

<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おんぶおんぶ

横浜は今年はじめての雪。
ずーっとカラカラに乾燥してたから、空気が静かに潤っていく感じがするなー。


息子は7ヶ月も中盤、どんどん知恵がついてきて、動きも半端なくなってきた。
ハイハイは超スピードアップ、つかまり立ちを覚えて大人がテーブルにいると、つたい歩きもする。
まだ寝てばっかの頃、「自分から立ち上がって近寄ってきたりしたらかわいくてどうしよう〜!」と
思ってたけど、そうなった今、それは恐怖とも髪一重(笑)。
お皿洗ってようが、ご飯食べてようが、容姿なく近寄ってきて、何ひとつ落ちついてできなくなってきた。

プラス、夜泣きが始まり、昼間も全然お昼寝しない、すぐぐずって泣く、
離乳食をはじめる…と母は一気に負担増。
寝不足だとイライラも募るし、育児が大変というのはこういうことか、とぐったり。


そんななか、昨日遊びにきてくれた友達が「おんぶ」を教えてくれて。
今まで2、3回試してみたけど、おんぶ紐に入れて背負うまでがすごく大変だし、
背中で暴れられるのがたまらなかった。

でも上手な背負い方を教えてもらって何度か練習したら、息子も少し慣れてきたみたい。
友達が帰ったあと、30分も背中で頑張ってくれた。
(降りたくて結局泣いたけど。。)

…「おんぶ」があるじゃないか、と目からうろこ。
というか、「おんぶ」すらしていなかったなんて。
どうにもならなくても策はあるし、それがうまくいかなくてもしばらく頑張ってみる。
私にはそんな気持ちが欠けてたなあ、と恥ずかしくなった。

実際、友達は赤ちゃんを1日数時間も抱っこしていて、
いつもおんぶでご飯を作っているとのこと。
そうやって密着して大きくなったからか、
赤ちゃんは背中でニコニコでお母さんとの一体感も滲み出ている。
友達は赤ちゃんに本当に優しくて、私は愛し方まで勉強させてもらった。

習いたての「おんぶ」をしてでたらめに歌いながらお皿を洗ってたら、
背中が息子の体温でぽかぽか暖かくて、
「あー、私もお母さんになったんだー」って気持ちになった。
今まで楽してきたぶん、母親の自覚も足りなかったかもしれない。

家事をするときはおんぶで一緒にちゃちゃっと。
終わったらめいっぱい一緒に遊ぶ。
息子のお昼寝は即一緒に寝る(笑)。
メリハリつけて楽しく頑張ろう!と心あらたに思ったのでした。
[PR]
by chietic | 2012-01-20 15:46 | 日々

やったー!

e0200516_14391276.jpg

おみくじ、まさかの大吉!

そして番号(割りばしみたいなのに書いてある)も一番。
なんかえらく縁起がいいぞー。

大吉な一年になりますように♪
[PR]
by chietic | 2012-01-06 14:39 | 日々

食べる生きる

年末年始の帰省もあるし、と延ばし延ばしにしていた「離乳食」を
7か月と5日の今日、やっと始めましたー。

本来始めるタイミングは5~6か月、遅くとも6か月中には始めるのが決まりみたい。
最近ぐずぐずが多くて、これにさらにご飯を作って、食べさせて、と考えると億劫にもなって。

周りのすでに始めた友達から、「ひと匙食べさせてみたらー?」という声にも揺れながら、
やっと重い腰を上げたってところ。
私、意外と慎重なのかも、と育児に関してはいつも思う。

はじめはどろんどろんの「10倍がゆ」をひと匙から。
たったひと匙。これから先の道のりに気が遠くなるけど、
いままで本当に母乳しか飲ませてないから、それ以外を口にさせることにドキドキ。

「下唇にちょんちょんとスプーンをあてると、赤ちゃんは口をあけて食べます」
との本の記述を疑いながらも、わが子に同じようにあててみる・・・と。

「ぱくっ」
た、食べたー!おかゆ食べたー!

みんなそうなんだろうけど、正直びっくり。
食べるんだー。食べたいんだー。
手をばたばたしてスプーンをひったくろうとする。
おもしろいからもうひと匙、ふた匙(笑)。

…育児のやりがい、って生きようとする力を間近で見られることなのかも。
本能的に備わっている力を上手に引き出し、
楽しませてあげること、そして自分も楽しむことを大切にしたいなと改めて思った。

どんな顔して食べるか、何が好きで何が嫌いか。
考えてみたら楽しいじゃないか。
気負わず、日々の成長を感じながらやってみよーっと。
[PR]
by chietic | 2012-01-05 17:42

新年

2012年、明けましておめでとうございます。
新しい年、いかがお過ごしですか?

我が家は29日〜昨日3日まで福岡の夫の実家で過ごしました。
息子は初の飛行機でどうなることかヤキモキしたけど、なんとか無事に出かけてこれました。

空港はたくさんの人でごった返してたけど、
それぞれ向かう場所があって会いたい人がいるんだなあと感じたり。
特にちびっこ達と大荷物を抱える家族を目にするたび、
年末年始の帰省には特別な意味があるように感じました。

我が家もなかなか会えない義父母とゆっくり過ごし、
息子にとってのいとこにあたる子供たちと楽しく遊び、
年々賑やかになるお正月を楽しみました。


去年は震災があり、誰にとっても今までの価値感をゆるがす、大変な一年だったと思います。

今年こそ、幸せな年でありますように。
普通の毎日があたりまえに続きますように。
月並みだけど、新年を迎えてそう思う。


私も去年は出産、育児に明け暮れた一年だったけど、
一歩ずつでも歌と関わっていけるように頑張ります。
今年もよろしくお願いします♪
[PR]
by chietic | 2012-01-04 16:04 | 日々