日々をうたう

chietic.exblog.jp

<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ぐるっと一年


去年まで勤めていた専門学校は、お芝居の勉強をする、声優の学校。
私の仕事は「一年生のホームルーム担任」で、広告や事務の仕事をしながら、
クラスの子達がきちんと学校でやっていけるようフォローする世話役だった。

辞めたのは色々な事情があるけど、
去年の今頃、悩みに悩んで「辞める」という選択をした。

クラスの子達にものすごく愛着があったから、
卒業するまで彼らを見たい、という思いが強くて、後ろ髪をひかれる思いでいっぱいだった。
繊細で、純粋で、個性的なメンツばかりで、数々のドラマがあったクラス。。
辞めてからも、私はいつも「彼らに胸を張って会えるか」って
心のどっかで考えてたような気がする。


仕事を手放して、4月からすっからかんになった私は、
望んで専業主婦になったものの、何をどうしていいか最初は戸惑った。
お金を稼いでない、という引け目もあったし、ただただ緩やかな時間のなかで、
人生に手を抜いてる気がして、これでよかったのか、と自問自答しながら毎日を過ごした。
今まで学生のお尻を叩いていたものの、当の私はどうなんだ、とも。

でも。
それでいいのかはよく分からなかったけど、
資格の勉強してみたり、家事をとことんやってみたり、たくさんたくさん歩き回ったり。
ペースを落として時間を過ごすなかで、もう一度、歌うことにも戻ってこれた。

今思うと、それはあまりにも恵まれた時間だったし、
何かつかみたい!という自分のエネルギーを感じ、信じて、導かれるような時間だった。
大げさだけど、自分で切り開くことを改めて学んだ一年間。
心から穏やかな気持ちになることができて、自分の視界が明るくひらけた。



***
そして今日は、彼らの卒業公演だった。
何百人という観客を前にして、堂々と演じる姿を見ることができた。
皆、一生懸命自分の役を全うしている姿に、強く心を打たれた。

一言一言のセリフに想いを感じたし、何より一年の間の成長を感じた。
歌の発表も最高に伝わってきて、エンディングでは思わず、涙、涙。。。
とにかく、涙があふれてとまらなかった。

終演後は、学生が抱きついてお見送りしてくれた。
やりきった、という輝いた顔を見ることができて、心底うれしかった。
学生一人一人に、舞台に懸ける強い気持ちがあって、
必死にもがいてきたからこその、心からの表情が滲み出ていた。


舞台を見ている間じゅう、私のお腹のなかでは新しい命が興奮して動きまくっていた。
―皆、それぞれの時間のなかで、精一杯いまを生きようとしてる。
私もぐるっと一年、一回りして、自分なりに色々頑張ってきてよかった!って思えた。

時間の流れとともに、そんなことを感じられた夜。
ひとつ、自分のなかで区切りをつけることができた。
まるで全部夢だったみたいに、なんだか最高な気分だった。

皆、素晴らしい舞台を見せてくれて本当にありがとう!
・・・大好きな学生達のおかげで、私も自信をもって進めそうです。
[PR]
by chietic | 2011-01-29 22:32 | 日々

こどものせかい

e0200516_1637449.jpg


今日は、近くの保育園でやっている、「プレママ育児体験」というものに参加してきた。
妊婦を対象に、0歳~1歳児の保育を見学し、体験させてくれるというもの。
今まで「出産」ばかりに目がいっていたけど、出産したらすぐに「育児」が待っている。
少しでも子育てを知っておきたい!と思い、思い切って参加することに。

パンダ組の教室に入ると、5人のちびっこが先生の手遊びをじーっと見ていた。

きゃー。
かわいい。。。
なんだー。この空気感!!

皆、つぶらなお目目で興味深々。先生の語りかけのテクニックも素晴らしい。
私もすぐに引き込まれてしまいました。


その後、近くの小学校まで飼っているうさぎを見にお散歩にいくことに。
二人の先生+私で、5人のちびっこたちと手をつないで歩きました。

たった300mほどの一本道。
「頑張ってあるこうねー!」「うさぎさんに会いに行こーねー!」との
先生の声掛けに、みんな最初はご機嫌だったけど・・・

だっこして欲しくて引きずられて歩く子。車をじーっと見て止まってしまう子。
かと思えば突然走りだす子。そのうちに喧嘩めいたものがはじまったり・・・!

いやー。すごい。。
小さくても、それぞれ個性があって、いろんなこと感じて、訴えて、わかっている。
そして、先生が甘やかさずに真剣に諭すと、ぐずりながらも理解する。
ほめてあげると、ものすごく得意気な顔になったり。

私も一緒になって歌をうたったり、声をかけたりして歩いた。
何言ってるかあんまりわかんなかったけど(笑)、
「電車とおったねえ」とか、「○○ちゃん、あと少し、頑張ってー」とか通じるとうれしくて、
何よりちびっこの表情がとってもかわいかった。

行って帰って一時間弱。
帰りには砂まみれになって到着。
なんて、いろんなドラマがあったんだろうか・・・
しみじみしてしまうほど、波瀾万丈なお散歩でした。


その後、着替え、おむつ替え、そして給食も見学&ごちそうになって終了。
たった半日とは思えないほど、ものすごく、濃い時間だったな。


でも、こどもはかわいい。
こどものせかいを垣間見れて、とてもいい体験ができました。
[PR]
by chietic | 2011-01-27 16:37 | 妊婦日記

東京さんぽ

e0200516_15575352.jpg

今週は月曜から毎日せっせと歩きました。
おかげで妊婦検診でもすべて順調!
今のところ、体重もほどほどの増加で済んでます。


夫が休みの昨日は、東京さんぽ。
大手町〜東京駅~日本橋〜人形町周辺を歩きまわり、
6〜7キロは歩けたかな。
寒かったけど、都会のビルの中をずんずん歩くのも楽しいもんです。

東京って、地下鉄もJRも駅がたくさんあって、
ちょっと歩くとすぐ違う駅にあたる。
あー、この街とこの街はこうつながってるのか!って知るのが好きで、
それも歩く楽しみのひとつ。


…目指すは食べログで探し当てた、担々麺のおいしいお店。
大手町からさんざん歩いた、人通りのないひっそりとした路地裏にありました。
激辛だけどパーフェクトにおいしい担々麺、、、なんか感動してしまった!
近くに行くことがあれば、是非とも食べてみて欲しい味です。

日本橋周辺は老舗の和紙屋、刃物屋、乾物屋など、江戸の粋を感じるお店が点在。
重厚な造りの三越本店周辺には、綺麗な着物でそぞろ歩くご婦人方も見かけました。
なんだか背筋が伸びるかんじです。


写真は、大手町駅からすぐの皇居入り口、「大手門」を入ったところ。
都会のど真ん中とは思えないほど、緑が多くてゆったりした雰囲気。
そしてその昔、江戸城を囲んでいた、どでかい石垣。
外国人観光客も沢山いて、今までまったく知らなかったことを後悔。。。

ちなみに大手門から皇居の敷地内を歩き、
九段下の日本武道館まで抜けられるみたい。
ぜひ一度歩いてみたいです。


それにしても、毎日よく晴れててうれしい。
[PR]
by chietic | 2011-01-23 15:57 | 日々

ツボなビン


きのうは妊婦検診で、センター北にある病院へ。
帰りにうろうろ歩いていたら、Rubanという、素敵なお店を発見!

お花屋さんで、雑貨や食器も置いてるお店。
ざっくりしたリネンとか、味のある和食器とか、ちまちま可愛い文房具とか、
どれもこれもツボにはまってしまって、ドキドキがとまらなくなってしまった。


これ、買いました。
e0200516_13144149.jpg

りんごジュース。
瓶、かわいすぎ。

アンティークちっくでお洒落なのに、
よくみると、「Tugaru ROYAL」って書いてあるよー。
ツガルロイヤル=津軽王室!?

青森県の小さなジュース工場のものみたい。
こうゆうの大好き。花瓶にします。

e0200516_13212058.jpg

ここは、ご愛敬♪
[PR]
by chietic | 2011-01-21 13:30 | お気に入り

赤ちゃんと音楽と。

e0200516_1761463.jpg


今日は、真っ青に晴れ渡る空が気持ちよかったー!


朝から、町田の静かな住宅街のなかにある、助産院でのイベントに参加してきました。
助産師系シンガーと名乗る、菊川智子さんのライブ。
育児サークルのイベントということで、たくさんのお母さんと赤ちゃんがいる中での演奏でした。


***
菊川さんは助産師さんとしてお仕事をされながら歌を歌っている方で、現在妊婦さん。
そのバイタリティーやお産についての考え方、そして歌に魅力を感じて、
ぜひ一度、生で歌を聞きたい!と思って出かけてきました。

愛のあふれた、甘くて優しい、包み込むような声。
ギタリストの旦那様の、温かいギターの音色。
赤ちゃんやお母さんの気持ちを歌っているので、
きゅんとくる部分がたくさんあって、とても優しい気持ちになれました。

大きな窓から、太陽がたっぷり入る明るいお部屋。
赤ちゃん達も思い思いに音楽を楽しんでいて、とっても楽しそう。

・・・伝わっているんだなあ、と感じました。
賑やかで、動き回ってる子もいたりするけど、
音楽も赤ちゃんたちも、ごく自然にそこに存在してる、
その光景がとてもまぶしくて、心地よかったなあ。


ライブのあとは、皆でお弁当ランチ。
飛び入りの私にも、お母さんたちはすごくあたたかく接してくれて、
赤ちゃんと遊ばせてもらったり、お話を聞かせてもらったり。
育児=楽しくて幸せ!みたいな素敵なお母さんばかりで、いい刺激をもらえました。


写真は、帰り道の橋にて。
ぽかぽかの太陽が気持ち良くて、バスで来た道を歩いて帰りました。
[PR]
by chietic | 2011-01-18 17:15 | 妊婦日記

愛しき昆布


最近、「だしをきちんととること」にはまってます。

基本は、昆布とかつお節。
やっぱり、ほんだしを使うのとは全然ちがう。
やさしい、沁みるような味がして、
しかも煮出しているときにいい匂いがするのも好き。

もともと、私は味噌をたくさん使ってしまうので、
減塩を意識してだしをとるようにしたのだけど、
お味噌汁だけでなく、煮物でも、お吸い物でも、
ちゃんととっただしは料理をさりげなくおいしくしてくれる。

昨日はさつまいもご飯、里芋のひき肉煮、ひじき煮、かきたま汁・・・と
全て昆布づくしで、体にやさしいご飯を食べました。

e0200516_18525748.jpg

そして、使い終わった昆布とかつお節を佃煮にしてみました。
昆布のあまりの美味しさに感動。
昆布なんて全然好きじゃなかったのに、ご飯が進む進む!
(こないだやった鍋の昆布もとっておいた♪)

昆布がヌメヌメして、細くきるのが大変だけど、
あとは味を見ながら、醤油・みりん・砂糖とだし(水でもOK)を煮詰めるだけ。
全然細く切れてないけど、でも美味しいから許す!自分を(笑)

昆布ちゃん、ありがとう。
ごちそうさまー!
[PR]
by chietic | 2011-01-14 19:28 | ご飯

シルバー


フードコーディネーターでカフェもやっている、
根元きこさんのエッセイで以前読んだもの。

「妊婦のイメージって、ふあふあのピンク。
でも、実際妊婦になってみると、ピンクなんかじゃない。シルバーだ。」

というようなことが書いてあった。
子供がお腹に宿ってから感覚が研ぎ澄まされて、それがまさに「シルバー」なのだそう。
根元さんの言葉には共感することが多いから、
その「シルバー」とやらを早く実感したい!と思っていた。



***
お腹が出てくる前は、無事に育ってるか不安で不安で気分は落ちる一方。
なのに目に入るのは、根元さんのいう、「ふあふあのピンク」ばかり。
紹介されて行った病院の待合室にはオルゴールが流れ、天使が飛んでいる。
甘いレースがついたサテンの赤ちゃんワンピースが売られていて、
なんだか頭をかきむしりたくなった。

初めに「シルバー」を感じたのは、12月のライブ中。
なんか、自分以外の何かに突き動かされるみたいな感覚があって、
瞬時に「どうにかしようとしても仕方ない。感覚に任せよう。」という思考が走った。

勝手に力が湧いてくる。初めての体験。
「これかー!」と衝撃を受けた。



ここ最近、胎動を頻繁に感じるようになった。
でも不思議なもので、赤ちゃんのことがまるっきり頭にないときは動かない。
社会と離れてる自分に焦って求人情報みたり、
ちょっと疲れたと思っても休まずに買い物したり。

―お腹のなかにもうひとつ命がある。
今はとにかくそれを感じて、耳を傾ける。
美味しいとか気持ちいいとか私が感じれば、一緒になって動く。
自分自身に素直になれば、赤ちゃんが動くってことがわかってきたから。

こうなってみるまでは、そんな話を聞いても全然わからなかったけど、本当にそう。
人間の体はすごいなあとつくづく感じる。



シルバー。
これからどんどん感じられるのかな。
もっともっと新しい世界がひらける。
楽しみだー!
[PR]
by chietic | 2011-01-13 23:06 | 妊婦日記

下町柴又食べある記


先日の三連休中日、
「下町っぽい東京の街に出かけたいね」ってことで寅さんの街、柴又へ。

どこにあるのかいまいちピンとこなかったけど、
スカイツリーよりさらに北東、江戸川の手前に位置する東京の端でした。
ちなみに「男はつらいよ」マニアという訳ではありません(笑)



***
柴又のシンボルは帝釈天という歴史あるお寺。
駅を出て、そのお寺までが参道になっているのですが、
狭い石畳の道は両脇に食べ物屋さんがひしめきあい、人でごった返してました。

e0200516_2195890.jpg

葛餅屋さん、おせんべい屋さん、漬物屋さん、鰻屋さん、蕎麦屋さん…
匂いにつられてうろうろ。どこも美味しそうでそそられるー!

e0200516_21132456.jpg

結局、店頭でおじさんが次々と天ぷらを揚げまくる、
人気の天丼屋さん「大和屋」でお昼を食べました。
江戸前の、甘辛つゆのかかった揚げたてあつあつの天ぷら、おいしかったー。


このお店は、天丼屋と草団子屋を兼ねていて、
お土産用の草団子を箱詰めするお店のおばちゃん達の手さばきが凄まじかった!
e0200516_21175031.jpg

歴史ある場所柄、老舗を感じさせるお店が多くて、
観光地によくあるミーハーさがまるでないのが気に入った。
どらやき、草団子、きゅうりの一本漬けなど食べ、
おいしいと評判のロールケーキまでお買い上げ。
買い食いにきたみたい(笑)





・・・帝釈天は年始だからか人出が多く、遠くからお参り。
その後、「寅さん記念館」や「山本亭」という茶室のある日本邸などを見学。
広々とした江戸川の河川敷では、凧上げをしてる子供が多くて、穏やかな雰囲気。
下町らしい、温かみのある雰囲気がなんとも心地良い街でした。

まだまだ知らない東京、また開拓したいもんです。
[PR]
by chietic | 2011-01-12 21:31 | 日々

七草がゆの日

e0200516_22434328.jpg


せり なずな
ごぎょう はこべら
ほとけのざ
すずな すずしろ
これぞ 七草



ルクルーゼで30分、ことこと七草がゆを煮てみた。

やわらかくて やさしくて 

春の香りがした。

鮮やかな緑がきれいだったけど

写真ではうまく映せなかったなー。
[PR]
by chietic | 2011-01-07 22:51 | ご飯

年の瀬の下関


日程が前後しますが、
年末の30・31日で、山口県下関市に行ってきました。

お目当ては、「ふぐ」と「歴史」。
夫の実家・福岡県久留米市から、特急電車に乗って2時間弱。
本州と九州との境に位置する下関に到着して、いざ市内観光~!

・・・の予定が、まさかの寒波到来で、ものすごい寒さ!
海がすぐそこなので、海風がびゅんびゅんで、歩くこともままならない始末。
ブーツのつま先まで感覚を失うような寒さに、ただただ驚くばかり。(西日本なのに・・・)
あまりの突風ゆえ、早々とあたたかいお蕎麦屋さんに逃げ込んだのでした。。



その後、関門海峡一帯を見渡せる、「海峡ゆめタワー」という展望台へ。
本州と九州との境は、一番狭い箇所は幅670Mしかなく、
対岸の北九州市門司区は手が届きそうなほど近く感じました。
対岸までは、橋、海底トンネル(歩行者専用)、船(所要時間5分)の3パターンで横断可。

e0200516_16232678.jpg



宿では念願の「ふぐ」を堪能!!
さすが本場。歯ごたえがあって、本当においしかった!!!
e0200516_1624884.jpg





翌日は、これまた念願の「唐戸市場」へ。
市場大好きで、まえテレビで見て絶対に行きたい、と思っていた市場のひとつ。
大晦日ということもあり、大盛況で、ふぐもごろっと並んでました~!

e0200516_16404558.jpg

e0200516_163028100.jpg



私は海のない長野県で育ったので、
すぐ近くに海があり、外国船が次々に行き来する風景が真近にある、
下関の街はとても新鮮でした。
韓国までの船も出ているので、韓国もとても身近なようで、
韓国の食材もたくさんお店に並んでましたー。

歴史関連は、高杉晋作のお墓が良かったかな。
(あまり興味はないけど、昨年龍馬を結構見てたから・笑)


寒さのせいであまり動き回れなかったけど、
下関の海を展望台からひたすら眺められたのはよかったかも。
印象に残る年の瀬の旅行になりました。
[PR]
by chietic | 2011-01-04 17:06 |