日々をうたう

chietic.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

イメージ

朝、何かが爆発するような音にびっくりして目が覚めた。

時計をみたら、7時きっかり。
あー、今日はきっと運動会なんだな。
「今日やるよ」って合図の花火の音だったんだ。
晴れてよかったね!

…そう思った瞬間、また眠りにおち、
豚の大群に追いかけられたり、象に持ち上げられてぼーんと落とされたり、
それはそれは恐ろしい夢を見ました。
しかも、全ての場面で、私紅白ぼうし被ってるの。
周りは知らない小学生ばっかり。

これが私の運動会なんだな、きっと…。
運動は苦手です(笑)
[PR]
by chietic | 2010-10-24 09:59 | 日々

いわさきちひろ


先月、友人の結婚式で松本に行った際、「安曇野ちひろ美術館」に行ってきた。
「安曇野ちひろ美術館」は、松本から大糸線というローカル線に乗って40分ほどの場所にあり、
安曇野のなかでも白馬のほうに近い、松川村というところにある。

ずっと行きたい行きたいと思っていて、今回念願叶って行くことができ、本当にうれしかった!

e0200516_16514838.jpg

あいにくの天気だったけど、広々とした庭からは、連なる山と稲刈り前の田んぼ、小川・・・
すべてを一枚の絵のように美しく見ることができ感激した。





いわさきちひろさんの絵は、もともと母が好きで、
小さい頃うちのカレンダーは毎年ちひろさんのものだった。

にじむようなぼわっとした色彩と、優しい表情の子供が描かれているものが多く、
私は昔からチマチマとポストカード等を買い集め、大事にしている。

e0200516_170228.jpg

美術館で実際に原画を前にすると、今まで見たことのある絵もすごく生生しくて、
息使いが聞こえてくるような近さを感じた。




展示スペースの他に「ちひろの生涯」というコーナーがあり、
ちひろさんの生きざまを示す写真や資料などが展示されていた。

ちひろさんは私が生まれる前に、55歳という若さで亡くなっているのだけど、
もし生きていたらうちの祖母より少し上くらい…と思うと、
手の届く存在のような気がするからか、その強い生きざまに触れてなんだか涙がこみ上げてきた。


ちひろさんは、描く絵と同じように、
やさしいとかかわいいだけじゃなく、芯の強さのある人。

自分の可能性に挑戦し続けて、さまざまな作風にチャレンジしていくなかでの
苦悩や葛藤を知れば知るほど、その強さにただただ圧倒された。



e0200516_171849100.jpg

ミュージアムショップで本を二冊買った。
ちひろさん自身の言葉で綴られているものと、息子さん(美術館の創設者)夫婦が書いたもの。

ちひろさんの言葉は、「簡単だけど伝わる」ってすごく思う。
そして、大人になってもみずみずしい感性を持ち続けていて、素敵だなあって思う。




この美術館は、「昼寝のできる美術館」というコンセプトがあって、
広々とした庭で遊んだり寝転がったりしてもいいし、
そのあとで何回も入ったり出たりできるらしい。

絵本のコーナーもあって、ちひろさんの絵本はもちろん、それ以外のたくさんの絵本も、
お気に入りの椅子に腰かけて自由に見ることができる。

大人も子供も関係なく、好きなように楽しめる空間。
ちひろさんの絵が、単なる芸術品ではなく、すごく身近に語りかけてくるものだから
そんな美術館が成り立つんだと思う。





最高に、心が満たされた充実した時間だったー。
機会があったらぜひ行ってみてください。

[PR]
by chietic | 2010-10-20 17:43 | 日々

そこには


e0200516_20522341.jpg

  そこには ただ日射しが照っていて
  そこには ただ雨が降って

  そこには ただ緑が繁って
  そこには ただ風が吹いて

  そこには ただ私が立っていて
  そこには どうにでも進める道があった








「そこには」。
大切なものはすぐそばにある、と気づいた瞬間に湧き出た曲。
するすると30分で完成した奇跡の曲!だけど思い入れは深い。
決してA面にはなれない曲だけど、実はB面に入りそうな曲のほうが好きだったりする(笑)

こんな感じで、たまに自作曲の抜粋を載せたいと思います。



・・・週末のフリマは朝から土砂降りで中止。
また在庫を持ち越してしまったけど、年内には一掃フリマをやりたいもんです。
[PR]
by chietic | 2010-10-12 21:38 |

荷作り終了!

e0200516_22175483.jpg

明日はフリマ出店です!

年二回くらいやってるのにこんなに出すものがあるってやばいな…

前回、「売れた売れた!」と喜んだものの、
結局、自分の買い物の失敗の山を整理したに過ぎないことに気付き、
「もう本当に欲しいものしか買わない!」と心に誓いました。

とはいえ、オークションとかより安くしか売れなくても、
違う誰かの手に渡って、みごと「再生」する感覚が大好き。
そして「循環」して、自分もお客さんもうれしいと楽しい。
もちろん商売魂燃やしますがね(笑)

明日、お願いだから昼までお天気もってほしい〜!

場所は北山田の横浜国際プールです。
…マイナーな地でがっつりやってきます!!
[PR]
by chietic | 2010-10-08 22:17 | 日々

火曜の夜は

たいてい、「NHK歌謡コンサート」を見てます。
毎回テーマに合わせた楽曲と演歌歌手が選ばれ、
NHKホールで熱唱している姿が中継されているもの。

今日のテーマは「熱唱!女の人生歌謡」。
引退間近の二葉百合子さんの「瞼の母」、力がこもっていて感動した。
見れてよかった。

私、同世代の中では、かなり演歌が好きなほうだと思う。
演歌の魅力は、歌い手の魅力が文句なしにストレートに出ること。
そして、「やっぱり日本の歌はいいなあ」と実感できること。
力強く、こぶしがきく歌手が好きです。

そんな私が一番好きなのは、坂本冬美さん。
芯があって、力強くて、声もかっこいい。媚びないところも好き。
小学生のころ、一度長野の市民会館のコンサートを見に行って、
(どうしても見たくて親にたのんだ)
その迫力に、すごい!!!と息をのんだのをよく覚えてる。

演歌を聞いているのはお年寄りが多いけれど
いつごろから聞き始めたんだろうか・・・
いまの若い人たちも、好きな演歌歌手を見つけて
歌謡コンサートを見に行くんだろうか・・・

私は年をとったらたぶんNHKホールに押し掛けます(笑)
[PR]
by chietic | 2010-10-05 21:11 |

ライブ告知

10月のライブ告知です!

―その闇の先へ。
わからないこと、難しいこと、まだ知らないこと。
不安でしょうがなくても、「えいっ」って飛び込んだらきっとその先には何かがある。
目をこらして、その闇の先へ。

日程: 10月26日(火)
場所: 代官山NOMAD
時間: open 18:30/start 19:00
料金: 前売り¥1500/当日¥1600(別途ドリンク代¥500)
出演: 雄基/小岩真琴/すなおしりえ子/桜井千恵/大関春香


http://www.daikanyama-nomad.com/map.html


私の出番は4番目、20:45~の予定です。
今回も新曲やる予定です!
ご都合のつく方はぜひ聞きにきてくださいね♪


<ご予約・お問い合わせ>
chietic@hotmail.co.jp(前日までOK)
お名前と希望枚数を教えてください。


諸事情により出演をキャンセルしました。
楽しみにして下さってた方、ごめんなさい!また次回お会いしましょう。(10/17)

[PR]
by chietic | 2010-10-03 15:30 |

秋のはじめ


秋のはじめはいつも淋しくなるけれど、
特に今年は夏が長すぎたせいで、淋しいなんてもんじゃない。

あの暑さも、何事もなかったかのように急に涼しくなって、
最近は夕方5時を過ぎると、目を離した隙に外は一気に暗くなる。

・・・私の曲、秋が出てくる歌はひとつもない。
夏がいちばん多いかな。やはり歌は正直。

今年は作りたいなあ。
淋しい秋の夜の歌じゃなくて、前向きな秋晴れの空の歌を。
[PR]
by chietic | 2010-10-01 23:06 | 日々