日々をうたう

chietic.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 9 )

中秋の名月

e0200516_1930369.jpg


来週出演させていただく、ぱぴプレ音楽工房のぱぴプレサロンにいってきました。

今日は中秋の名月ということで、出演者のさとみさんとちあきさん、
お二人とも浴衣での登場。
絵本とお琴のコラボ企画だったのですが、
お琴の音の響きが本当に美しくて心打たれました。
こどもたちも静かに聞き入っているのが印象的だったな。


今夜はお月見をしようと思っていて、でも我が子夕方からなんだか変なテンション。
ご飯中、私のスープボウルをひったくり床にじゃーっとこぼし、
そのうえをトーマスのおもちゃで走らせたりするもんだから怒鳴りちらし、
でもなんとか切り替えて一緒に外へ。

満月、ぴかぴかで心が洗われるようだった。
こどもも、今日読んでもらった満月の絵本や、皆でうたった♪つきの童謡
を思い出して、瞳をきらきらさせていた。

でたでた、月がー♪
とうたうこどもの声がかわいくて、
日々どたばたしてるからこそ、この夜の静寂を感じられるのかもなあ、と思ったりした。

歌や季節やおはなし。
こどもとゆっくり楽しむことができるもの、心を豊かにできるもの、
子育てで大事にしたいのはそういうことだなとあらためて感じた。
by chietic | 2013-09-19 19:30

長野の夏休み

e0200516_12111339.jpg

e0200516_162371.jpg

e0200516_1622714.jpg

e0200516_1625384.jpg

e0200516_1625635.jpg


8月12~19日まで一週間、こどもを連れて長野の実家に里帰りしてきました。

妊娠中で思うように進まない苛々や、暑さや寝苦しさもあって、
ほっと一息つきたい~!とずっと楽しみにしていた今回の帰省。
なんでだろう、長野に戻ると、深く息ができるようなそんな気がします。

新幹線の窓からの景色、いくつもトンネルを超えて、緑が鮮やかになって、
川の水がきらきらしてくる。山が高くなってくる。
何度経験しても、特別な、しみじみしたものを感じます。



今回はとにかく家でひたすらゆっくり過ごし、
こどもの成長を喜んでくれる両親との時間も楽しかった。
なんといっても、朝晩の風の心地いいこと!
朝、ふわーっとカーテンを揺らす涼しい風が舞い込んでくるのが信じられなかった。

写真の数々は、父親に頼んで霊仙寺湖に連れていってもらったときのもの。
市内から車で一時間もしないうちにこの風景です。
日中でも、木陰に入ると涼しい風が吹いてくる。
この暑い時期に、最高の贅沢!

こどもにも、ひろびろした自然のなかで駆け回らせたい!みたいな憧れがずっとあって、
でも振り返ればそれは、私が親に体験させてもらっていたことなんだなあと思ったし、
長野の自然のなかで育ったことが、自分にとって大きかったんだなと思う。
(こどもは、草が足にあたるから抱っこして!と初めはすっかり都会っ子でした笑)



さて、すっかりリフレッシュして、またいつもの生活!
長野での夏休みを胸に、また頑張るぞー。
by chietic | 2013-08-19 16:01

初雪

e0200516_711194.jpg

e0200516_7123743.jpg


横浜では今年初めての雪。
しかもこっちでは珍しいくらいの積雪!

成人式もかわいそうだし、交通機関もマヒしてたけど、
しずまりかえった街と一面の雪景色は、わくわくしました。

家の前と、近所のお寺にて。
by chietic | 2013-01-14 23:38

誕生日

今日で息子、一歳になりました!!

去年の今日は、予定日より1週間も遅れて、ドキドキを通り越して待ちくたびれていた。
あれから一年がたち、今思うとあっというまだったー、と思うけど、
初めてのことばかりでやっぱり大変だったかな。
生活がまるっきり変わって、「育児」の壁にいくつもぶち当たった。

でも、こどもと生活することが当たり前になった今、ふと冷静になると、
毎日みるみる成長し、全力で動き、泣き、笑う息子と毎日を過ごせることは本当に幸せなこと。
最近は、こっちのいうことやることを少しずつ理解して反応するようになって楽しい。
なかなか歩こうとしない我が子は、もはやハイハイの達人かのごとく、
かれこれ半年近くハイハイしてる。本当に楽しそうに。


…今日は、とあるサロンで行われた、レゲエのライブイベントに行ってきた。
子連れで母が楽しめるライブ、生の歌、音を聞きたくて。
レゲエのゆるいリズムは本当に心地良くて、なぜか涙が止まらなくて、
そのうえサプライズで♪ハッピーバースデイまでしてもらい、
人目もはばからず泣きっ通し。

でもそこにはすべてを受け入れてくれる空気があったし、
音楽の力、生身のエネルギーを浴びて、余計なものがそぎ落とされたのかも。
毎日、ベビーカーを引きながら悶々と考えてたことが、
少し答えが見つかりそうな気持ちにもなった。

そして、ライブのあと、ありがたいことに楽器を借り、歌わせてもらいました。
素敵なフルートで伴奏をしてもらい、感激!こども達も近づいてきてくれて面白かった!↓
Umiのいえ「おでかけジェンテコ ライブ&ランチ」


今日は、嵐のようにいろんな感情が押し寄せて、
でも少しだけ前に進むことができて、そこにはこどもと一緒に私の時間があって、
とても幸せな一日でした。


あらた、初めてのお誕生日おめでとう。
e0200516_23111073.jpg

by chietic | 2012-05-31 22:44

食べる生きる

年末年始の帰省もあるし、と延ばし延ばしにしていた「離乳食」を
7か月と5日の今日、やっと始めましたー。

本来始めるタイミングは5~6か月、遅くとも6か月中には始めるのが決まりみたい。
最近ぐずぐずが多くて、これにさらにご飯を作って、食べさせて、と考えると億劫にもなって。

周りのすでに始めた友達から、「ひと匙食べさせてみたらー?」という声にも揺れながら、
やっと重い腰を上げたってところ。
私、意外と慎重なのかも、と育児に関してはいつも思う。

はじめはどろんどろんの「10倍がゆ」をひと匙から。
たったひと匙。これから先の道のりに気が遠くなるけど、
いままで本当に母乳しか飲ませてないから、それ以外を口にさせることにドキドキ。

「下唇にちょんちょんとスプーンをあてると、赤ちゃんは口をあけて食べます」
との本の記述を疑いながらも、わが子に同じようにあててみる・・・と。

「ぱくっ」
た、食べたー!おかゆ食べたー!

みんなそうなんだろうけど、正直びっくり。
食べるんだー。食べたいんだー。
手をばたばたしてスプーンをひったくろうとする。
おもしろいからもうひと匙、ふた匙(笑)。

…育児のやりがい、って生きようとする力を間近で見られることなのかも。
本能的に備わっている力を上手に引き出し、
楽しませてあげること、そして自分も楽しむことを大切にしたいなと改めて思った。

どんな顔して食べるか、何が好きで何が嫌いか。
考えてみたら楽しいじゃないか。
気負わず、日々の成長を感じながらやってみよーっと。
by chietic | 2012-01-05 17:42

明日

明日、近所の友達と子連れでクリスマス会をやることに。
8人の親子がとあるお家にあつまり、一人一品持ち寄りのパーティー。

私はルクルーゼで「塩豚ポットロースト」という
ワインで煮たチャーシュー?みたいなのを仕込み完了。
おいしくできてますように!

そして久々にギターを持って歌うことに。
ここ数日、仰向けに寝て、息子をうつぶせでお腹に起きながら
ひたすらジングルベルを歌ってた私(笑)。
子供がいると、クリスマスを待ち遠しく思うのもなんだか楽しい。
明日は赤ちゃん達向けの歌と、お母さん達向けの歌を歌おうと思ってます。

とりあえず、息子とギターと持ち寄りのおかずを上手に運ばなければ!
どうなることやら、明日が楽しみです。
by chietic | 2011-12-14 16:07

うねる波

もう8月。

5月末に出産してからふた月が経ち、だだだだーっといろんなことがあった。


息子は日に日に成長し、できることが増えてきて、毎日変わっていく。
赤ちゃんのいる生活は、思っていた以上に幸せを感じさせてくれるし、
自分の子供というのはこんなに愛しく感じるものなんだな、と思う。

うれしい、たのしい、かわいい、しあわせ。
今までよりぜんぶ倍の感情。

でもその一方、
疲れた、心配、不安、緊張…みたいな負の感情だって倍。
いや、ハッピーな方は4倍くらい?もしかしたら10倍くらいかも。
ただ、いいことばっかりじゃないし、負の感情だって当然ある。

母乳のトラブル、息子の湿疹、食事制限、急激な気温差。
隙間の時間にできることをそれなりにやって、自分もちゃんと休む。
いろいろアドバイスをくれる人の言葉を自分なりに解釈して、自分なりの育児をする。
(そんな大それたことじゃないけど)

妊婦のときにすごく穏やかに過ごせたのもあってか、
なんだかここ最近は、おっきい波にぐらんぐらん揺られながら、
息子を抱えて必死で手漕ぎ船を漕いでる感じ(笑)。

そんなに手のかかる子じゃないし、リラックスできる時間はある。
あと、私がイレギュラーなことに弱くて、テンパるのもある。
一緒に喜んでくれたり、弱音をいえる友達にも恵まれてる。
でも、今までとは全然違う生活に、少し戸惑ってる自分がいるのも認めてあげたい。


…うねる波に身を任せられるかな。
余計なところで力を抜くためにはどうしたらいいんだろう。
振り回されずに、ちゃんと自分の考えを持って進みたいとは思ってるけど。

やっと冷静になって、自分と子供、とか家族、とかについて向き合う時が来た気がする。
これもまたひとつ、親になるための通過点なんだと思うし、
これからずっとこうやって課題とぶつかっていくんだろうな。


息子、こんな母をよろしく。
by chietic | 2011-08-02 10:39

出産、その後。

e0200516_1583397.jpg


気付けば息子誕生から早二週間。

あーっというまに月日が流れてくけど、
体もだいぶ楽になり、お世話のペースにも慣れてきました!


産まれたあと、まだ外の世界に慣れないからか、
二三日ぐったり衰弱してしまった我が子。。
かわいそうでふがいなくて、一気にマタニティーブルー突入(涙)。
退院も伸びてしまい、なかなかハードな入院生活だったけど、
そのぶん、身も心も鍛えられました。


…二十代最後のヤマ場は母親になるための修行!
ということだったのか、退院の日の7日は私の30歳の誕生日でした。
息子も元気になり、私も清々しい気持ちで退院でき、
家族や友達も喜んでくれて本当、幸せいっぱい。

そして、家に帰ると、嬉しいことに横浜に帰った夫から小包みが届いた~!
中にはワンピースと手紙が入っていて、
お父ちゃんの粋な演出にやられました。
夫は立会いこそ間に合わなかったものの、
産まれたての我が子をとーっても可愛がってました。


今のところ、息子は寝てばっかり(笑)で手がかかりません。
最近夜泣きを覚えて、すっかり昼夜逆転だけど、昼間はぐっすり。

赤ちゃんて、日に日に変化していくし、一瞬一瞬見逃せないなー、と思う。
ご機嫌だと、声出したりニコッて笑うときもあって、かわゆいかわゆい。
すっかり親バカになってます。
でも、これでいいのだー!

写真は、息子に会いに来てくれた友達が買ってきてくれたケーキ。
うれしくて、美味しかった!
by chietic | 2011-06-17 14:57

お花見②

e0200516_2104882.jpg


こちらは長野市篠ノ井・光林寺のしだれ桜。

満開になると、
見渡すかぎり真っ白、とのことだけど、じゅうぶん楽しめた。

e0200516_2112834.jpg


太い幹のあちこちから、
ちいさなつぼみと花が顔を出していて、
力強さを感じた。


風情のある高台のお寺で、
しっぽり味わう雰囲気の桜並木。
素敵でした。
by chietic | 2011-04-20 21:20