日々をうたう

chietic.exblog.jp

大切な縁


4、5年ぶりに、昔働いてた洋服屋の上司に会いにいった。

ずっと会いたいと思ってたけど疎遠になっていた人。
ドキドキしながら思いきって電話をかけてみた。

その上司、いまは独立してデザイナーをやりながら2店舗経営、
全国展開で卸もやってる凄腕。
たいして年変わらないのに、なんかすごいオーラ放ってて貫禄のある人。

一緒に仕事をしてた当時、毎日毎日、怒られてた。
私、店のカウンターに隠れてよく泣いた(笑)。
怖かったけど、でもとても愛のある人で、
甘ったれの私の根性を鍛えてくれた人。本当に恩を感じてる。

胸張って会える気がしなくて、何となく離れてしまったけど、
何か「今会わなきゃ後悔する」って思った。
久々で緊張して、私はまるで片思いしてる中学生みたいになってしまったけど、
上司は相変わらずの素っ気なさと威圧感で迎えてくれた。

お互い、今の近況報告をして、色々話して…。
「どうしてるかな、って思ってたよ」と言ってもらえてうれしかった。



***
大人になると、人との縁って自らつないでおきたいと思わないと、なくなってしまう。
いや、余程のことがないかぎり「切れる」ことはないけど、
大人になってからの一年二年なんてあっという間で、
「どうしてるかな」「会いたいな」って思ってても、伝えなければどんどん関係が薄れてしまう。
それはとても淋しいことで。

皆それぞれ今の居場所があるし、なかなか連絡をしなかったり、
しても返事がない人もいる。
でも、離れてるからこそ、それってとても大事なこと。
大切な縁はなくしたくないと思うから。


会いにいってよかった。また、つながれてうれしかった。
大切な縁は、大切にしなければ。
各駅停車で帰って来るとき、色んな人を見ながら改めてそう、思った。
[PR]
by chietic | 2011-02-03 23:06 | 日々